HOME > 反社会的勢力への対応にかかる基本方針 印刷用ページ印刷用ページ

反社会的勢力への対応にかかる基本方針

プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社およびその子会社等(以下「当グループ」といいます。)は、適切かつ健全な生命保険業務等を行うにあたり、平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会において決定された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」等を遵守するとともに、反社会的勢力に断固たる態度で対応し、関係を遮断するために、以下のとおり「反社会的勢力への対応にかかる基本方針」を定めます。

なお、本方針に基づく関係遮断等の諸対応の対象には、反社会的勢力がその経営を支配し又はその経営に実質的に関与している法人、共生者(反社会的勢力に資金提供や便宜供与をするなどの関与をしていると認められる者、反社会的勢力を不当に利用していると認められる者等)、その他反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している者等を含みます。

(1)取引を含めた一切の関係遮断

当グループは、反社会的勢力の排除に向けた社会的責任、および反社会的勢力等により当グループ、グループ内各社社員および顧客等が受ける被害防止の重要性を十分認識し、反社会的勢力等との関係遮断を重視した業務運営を行います。

(2)組織としての対応

当グループは、反社会的勢力に対しては、組織的な対応を行い、従業者の安全確保を最優先に行動します。

(3)資金提供や便宜供与の禁止

当グループは、反社会的勢力に対しては、資金提供や便宜供与を一切行いません。

(4)外部専門機関との連携

当グループは、反社会的勢力への対応に際し、適切な助言・協力を得ることができるよう、平素より警察、全国暴力追放運動推進センター、弁護士などの外部専門機関等との連携強化を図ります。

(5)有事における民事および刑事の法的対応

当グループは、反社会的勢力からの不当要求等に対しては、民事と刑事の両面から、積極的に法的対応を行います。

以上

平成24年(2012年)5月24日制定